宮内庁御用達.net

ペンハリガン(Penhaligon's)

ジャーミン・ストリート通り(ロンドン)の小さな理髪店から生まれた香水。チャールズ皇太子、故ダイアナ妃からも愛され、幾度となくイギリス王室御用達の栄誉を受け続けています。
  • ロンドンの理髪店から生まれた香水
  • 上流階級や王室にまで評判が広まる
  • イギリス王室御用達の認可を幾度も受ける
  • ペンハリガンを探す

ロンドンの理髪店から生まれた香水

ペンハリガンは、ジャーミン・ストリート通り(ロンドン)にある理髪店であり、1860年代、ウィリアム・ペンハリガンによって創業しました。

理容師であったウィリアム・ペンハリガンは、理髪店に訪れてくれるお客様用に香水・化粧水などの研究開発を始めます。そしてその創造性と独自性に富んだ製法によって、新しい香水を次々と生み出していきました。

上流階級や王室にまで評判が広まる

地道な研究開発の成果もあって、ウィリアム・ペンハリガンの作った香水は、その高い品質と心の安らぎを与えてくれることで評判となり、上流階級や皇族・王室の間にも広まっていきました。そして信頼と栄誉の証であるイギリス王室御用達の認可を受けるまでになります。

ペンハリガン 香水
ペンハリガン 香水

イギリス王室御用達の認可を幾度も受ける

ペンハリガンは、ヴィクトリア女王(1819-1901)の晩年期、今までの実績が評価されて「英国王室御用達の理容師兼香水商」の称号を授かることとなりました。その後も、1903年にはアレクサンドラ皇后、1956年にはエディンバラ公、近年においては1988年にチャールズ皇太子から王室御用達の認定証が与えられています。また、故ダイアナ妃もよく利用していたことで知られています。

ロンドン

5年に一度、認定の再審査が行われ、毎年数十件の認定が取り消されている中で、ペンハリガンは現在においてもイギリス王室御用達の認定証を保持し続けています。100年以上前にイギリス王室御用達に認定されて以来、品質と信頼の保持に努め続けてきた証であるといえます。

みんなの声(抜粋)
  • 高級ブランドの香水ということで、試しに1つ購入してみました。ボトルとかわいいリボンのデザインに思わず見とれてしまいました。すごくオシャレな香水です。安物の香水では出せない、気品と深みのある香りが印象的でした。
  • しつこさのない上品な香りに満足しています。香水特有のキツい香りを感じさせないので、ナチュラルに使えます。
  • ペンハリガンの男性用の香水を購入しましたが、中性的で落ち着いた香りがします。大人でゆったりとした印象を与えるのには良いアイテムだと思います。

ペンハリガンを探す

ペンハリガンは、楽天市場やAmazonで購入することができます。レビュー評価も参考になるので、購入前に確認しておくのがおすすめです。