宮内庁御用達とは


宮内庁(省)御用達 【くないちょうごようたし】 とは、文字通り宮内庁の御用を承っている業者のことで、皇室の日常生活や様々な儀式の際に欠かせない品々を納入しています。御用達を承るには厳しい審査があり、宮内庁に品質や信頼を認められた業者のみが名乗ることが出来ます。

様々な理由により御用達制度自体は昭和29年(1954年)に廃止されましたが、現在でも伝統的に宮内庁との付き合いを続けている業者もあります。

宮内庁御用達というと、高級で手が届かないとイメージするかもしれませんが、実は私たちの身近にも多く、オンラインショッピング等を通じて気軽に商品を購入することができます。

御用達制度廃止について、私が調べた書籍によると昭和29年となっていますが、昭和33年と書かれている所もあります。

昭和22年(1947年)に「宮内省」が「宮内庁」に名称変更されるに伴い、「宮内省御用達」も「宮内庁御用達」と呼ばれるようになりました。本サイトでは「宮内庁御用達」に統一して呼ばせていただきます。



更新履歴
2016/01/22
日用品に宮脇賣扇庵を追加しました。
2016/01/21
料理店に伊豆榮を追加しました。
2016/01/20
調味料にアサムラサキを追加しました。
2016/01/20
和洋菓子にコロンバンを追加しました。
2015/03/20
工芸品に大倉陶園、香蘭社、深川製磁を追加しました。

お問い合わせ お問い合わせはこちらへ
サイトマップ サイトマップです
うさぎ